犬の食事について

皆さんのワンちゃんは、どんなごはんですか?

一昔前までは「犬のご飯は、余りご飯にみそ汁をかけたものをあげればいいのよ」
なんて言われてた時代もありましたが、今そんなことしたらNG!です。
人間の体でちょうど良い塩分でも、小さいワンコにしてみれば
けっこうな量の塩分となってしまいます。これはオヤツも同じ!
人間には「甘くて美味しい=」お菓子は、ワンコにしてみれば大量な糖分が含まれている
「毒」みたいなものになってしまいます・・・。

犬のごはん、あなたはどうしてますか?

犬に与えてはいけない食べ物

玉ねぎ・ネギ・ニラ・ニンニク ・・・など
タコ・イカなどの甲殻類、生のお肉・お刺身
キノコ類・ナッツ類
チョコレート
魚の骨
香辛料など
※チーズ:犬は乳製品も大好きですが人間の食べるチーズは塩分が高いため
犬用のものを与えましょう。与えてはいけないのにはちゃんと理由があり
犬にとっては中毒を起こす可能性のあるものは決して 与えないで下さい!!
外部参照:ペットにあげてはいけない食べ物

犬に果物は与えていいの?

犬にもよりますが、フルーツが大好きなワンちゃんが多いようです。
果物は絶対に食べさせてはダメ!というものではありませんが
犬はビタミンCを体内で合成できるので「必要はない」ということになります。

さきほど、塩分や糖分のところでお話したように人間にとっては適量でも
犬には取り過ぎ=カロリーオーバー(!!)なんてことが 容易に発生します。
ワンちゃんが好んで食べるものがある場合は、少量を心がけましょう。




犬も果物が大好き!

犬用の手作りごはんを作ってみよう

以下に犬にお勧めの食材を列挙します。
■高タンパク低脂肪の食材:
ささみ、卵(※生卵はNG)。新鮮な白身魚など
■カルシウムを多く含む食材:
煮干し(低塩分のもの)、スキムミルク、ヨーグルト、チーズ(※低塩分、低カロリーのものに限る)など

我が家の犬の手作りご飯のレシピ

我が家の小型犬は鳥のササミが大好き!毎週鳥のササミ(スジなしのものが便利です)をまとめて購入しています。
一時牛肉や粗挽き肉なども与えてみたのですが、残すことが多く
一番食いつきがよかったのが鳥のササミ肉なのでした。

実際の作り方は

  • 鳥の筋なしささみを半分にし、電子レンジで2分くらい温める。
  • 細かく刻んだキャベツ少量を電子レンジで1分くらい温める。
  • 味付けは基本はナシです。
  • 適温に冷ましたささみ肉とキャベツを混ぜます。
  • ときたま購入したサプリメントや上等なお魚などが少しだけ加わります。
  • だまされたと思って一週間あげてみてください。
    手間も全然かかりませんし、食いつきが物凄く良いです。
    もうドッグフードには戻れなくなっちゃいます♪

    その他の一例を掲載しておきます。
    非常に手間がかかっていないのでお恥ずかしいのですが
    参照:ボイルソーセージ入りごはん
    参照:真鱈とささみ肉の野菜煮

    我が家の犬の水分摂取量の変化

    掲載していない手作りご飯も色々作っているのですが
    最近はお野菜やささみ肉などを煮たベースを作ることが多いです。
    そして冷ました煮汁も一緒に与えることが多くなりました。
    食べることは生きること:水分補給で犬の代謝を変えてみよう

    その理由は少しお背中にブツブツしたものが出来始めていたので
    色々聞いてみると水分摂取が少なくて老廃物を
    うまく排出できていないのではないか?と指摘されたことがきっかけ。
    良く考えてみると普段あまり水を飲むことがなかったため
    食事で水分を摂取できるように切り替えてみました。
    そこで上記のレシピを電子レンジではなく
    コトコト水煮でやわらかくして煮ることに。
    そして冷ました汁ごとあげてるようにしました。
    そこでよく使用しているトッピングフードは以下のような感じです。

    参照:焼津産のかつおハラモスティック
    参照:マグロふりかけ
    参照:煮干し(湖のワカサギ)※出汁とりにも使用
    参照:砂肝チップス
    この他には本当に少量のご飯を混ぜたり、黒豆の煮汁(砂糖なしの状態)を少し入れてみたり
    ベースフードの野菜を白菜、かぼちゃ、お芋、キャベツ、ほうれん草などにすることで
    色々レパートリーを増やしています。
    これにより自然と水分を摂取しながらご飯を食べてくれるようになりました。

    水分摂取量を増やしてから変わったことは、
    1.トイレの回数が大幅に増えました
    2.尿の色が黄色から無色に変化
    3.ブツブツが1週間くらいで減少
    4.毛質がサラサラに!
    ・・・ということが気づいた点です。
    おかげで処方された薬は塗らなくても良くなりました。

    リンク先:ホリスティックケア・カウンセラー養成講座

    ドックフードの場合

    いろんなドッグフードがありますが栄養バランスがとれているもの
    毛艶をよくする成分が入ってるか、・・・などに気を配って選んであげるとよいです。
    またヨークシャーテリアのような小型犬は足の関節が弱いので
    カルシウムを補うサプリメントを与えるといいでしょう。
    尚、食事の回数ですが、成犬で基本的に1日2回。
    子犬の場合は、3回~5回に分けて与えるようにするとよいでしょう。
    犬の食事についてのコンテンツを追加しましたので
    もしよければこちらも読んでみてください。

    犬用の手作りフードを学ぶなら

    また最良から破滅的な13のペットフード
    市販ペットフードに絶対に入っているべきではない材料とは?
    というエントリーがあります。
    米国の獣医師カレン・ベッカー先生の記事を翻訳してくれたものが掲載されていますので
    こちらを読んでみてもいいと思います。
    また東京都八王子市で獣医師をされている
    須崎 恭彦さんの書籍はペットのに手作り食をという視点から書かれており、非常に興味深いものとなっています。

    犬の食事、あなたはドッグフード?手作りごはん?

    犬のごはんで手作りの良い所

    最近のしっかりしたドッグフードは栄養価や成分もかなりすぐれたものが多いのですが
    やはりホームセンターで売られていたりコンビニエンスストアなどで
    ディスカウントセールされているものには不純なものが多く含まれています。
    こうしたものをなるたけ避けてフードを与えるのは、なかなか大変なことです。
    そこで我が家では手作りフードを与えるようにしたのですが
    手作りフードのメリットは主に以下のようなところです。

    犬用のごはんを手作りすれば安心だし安全

    だいたい自分で選んだ新鮮な材料で作りますし
    自分たちの口に入るものを、おすそ分けするわけですから安心です。

    それぞれに合った食事内容に出来る

    ドッグフードは体重でこれくらい与えたほうがいい、と決められることが多いです。
    しかし実際は各家庭の犬によって代謝能力のや
    日常的にどんな生活を送っているかで内容も変えたいものです。
    一日中お留守番していたり、寝転がっている犬と
    毎日と走り回ってる犬の食事が同じでいいわけがないと思うのですよね。

    犬が満足する量をあげられる

    カロリーをコントロールして量を増減すればいいという考えになれます。

    きっと犬だって食事が嬉しくなる

    毎回同じ食事だったらいやになります。
    犬が喜んで食べている姿、食べ終わって満足した表情
    そしてなによりがっついて食べてくれる姿はあなた自身をを幸せにします。

    犬の毛並みが良くなる

    毛艶はドッグフードの時より明らかに良くなります。
    ツヤツヤで天使の輪っかが判るくらいふわふわです。
    これはおそらく水分摂取量が関係しているのではないかと思います。
    そこで我が家は煮込み系のご飯に切り替えてみることに。
    このページの上の方にどういう風に煮込みご飯をつくって
    水分摂取量を増やした
    のか書いてありますのでご興味がありましたらご覧ください。

    ところで私たちの知人で人間の食事が毎回オーガニックフードの方がいます。
    この方はオーガニックに関する資格や活動をされている方。
    ということは愛犬ももちろんおこぼれのオーガニックフード。
    毛並は私たち人間よりよほど艶々していました。
    薬品などを付けてツヤツヤにするのは本末転倒です。
    よいフードを食べてもらって毎日ブラッシングをしてあげてください。
    獣毛ブラシなどを仕上げにつかうとより艶々になるようです。

    とりあえずコムズカシイ話は抜きにして、まずは作っちゃいましょう。
    カルシウムとかどうするか?そんなに肩の力を入れなくても平気です。
    まずは食べさせてはいけないフードを覚えておき(冷蔵庫とかに貼っておきましょう!)
    自分の家の犬がどういう食べ物が好きなのか
    を覚えることから始めてみてはどうでしょうか。

    犬の食事、気をつければ毛並みも良くなるよ!